🥚

アクセサリーブランドgumを始めて3ヶ月が経ち、ありがたいことに出店させてもらう機会が増え、様々な方の目に触れられるようになりました。


小学生の時にたまごっちを親にねだって買ってもらった。けど、箱をあけるとそれは「はねるっち」というたまごっちとはねるのトびらがコラボした全く別物の商品だった。それでも嬉しかったあたしは外に出かけるときは常に首からはねるっちを下げて、生まれてきたばばっちのウンチを捨てたりご飯をあげたり一生懸命育てていた。

そんなある日、家から少し遠い場所にある広い公園に親に車で連れていってもらった。大きな川があって、小学生に上がらないくらい年の子がそこで遊んでいて、その側の日陰にある木のベンチではあたしと同い年くらいの女の子たちがギュッと縮こまって遊んでいた。知らない人ばっかりの場所が昔から好きだった。川で弟と遊んでいると、あたしの首から下がっているたまごをみた一人の女の子がやってきて「通信しよ!」と声をかけてくれた。そんなこと言われたのは初めてだったからとても嬉しくてやり方もわからないままいいよ!と言って通信しようとしたけど、全然接続されない。何度やってもうまくいかない。下を向いて必死にたまごを触っていても、その子がイライラしてくるのが分かって汗が止まらない。貸して!と言われてその子があたしのたまごをみて一言。これニセモノじゃん!その子の後ろ姿を見送る。通信失敗


時が立ちタケオは23さい。18歳から古着屋に身を置き、買い物はトキメキと直感だけに身を任せて、実用性のことはなるべく考えないようにしてきた。お金を使うことをなるべく遊びの延長線として考えないと稼いだ労力が報われないような気がして喜びを感じられなかった。でもいきて行く上には払う義務があるものもある。電気代とか。そういう義務のお金を犠牲にして遊んでも後ろめたさは付きまとってしまう。それは本気ではない。なら、おもちゃのお金はおもちゃで得たお金で本気で使おう。どうぶつの森のように。じゃあ、何をする?何を使ってあたしは他人から遊び感覚でお金を使ってもらう?


チャーリーとチョコレート工場にはひたすらガムを食べ続けているバイオレットという、一度違うガムをテイスティングするときに今たべているガムを首の後ろに貼ってストックして別のガムを食べるという、「ものを捨てられない女」の鏡のような少女がいるのだが、当時その子の真似をして髪に思いきりガムをつけてスーパーロングパーマだったコギャル(ママ全プロデュース)のタケオが散切り頭になってしまったことがある。思いきり頭を叩かれたし、ママは泣いていた。それを見てあたしはやってしまったんだ、と震えが止まらなくなった。


22歳最後の夏、近所の行きつけの文房具屋に入ると店内で流れているラジオからLiLiCoの声が聞こえてきた。「髪はいつも巻いて下ろしてたいけど~今年の夏は暑すぎてムリ~。」そう、2018年の夏は暑すぎた。LiLiCoのドロドロした話し方がそれを誇張させて汗で首にへばりついた髪がうっとおしかった。しかし、LiLiCoの言葉はこう続いた「だから、今年の夏はずっと髪を結んでいる。髪結んだらデカイピアスは必ず付ける~!それが髪の毛代わり~みたいな?」絵の具を選んでいる手が止まった。散切り頭で震えていたあたしがありがとう、LiLiCoさん。といった。そうか、アクセサリーは体の一部ってやっぱ本当だったのか。

地に足を付けている限り、大地はあたしのアクセサリー。アクセサリーを身につけることによって体と大地の境界線も曖昧にする壮大なセックスを今しているではないか。今まで処女って嘘ついててごめん、あたし、地球に抱かれてたわ!!


飛ばされた。宇宙まで行った。LiLiCoの言葉で着火されるとは思いもよらなかった。


水になること。それがあたしの死観だ。


死=前向きな生=自分の育成

(※詳しくはあぁ、日常というタイトルの記事を読んでください)


一人で大地とセックスしていても、水にはなれない。結局のところ一人。一人では水にはなれない。完全に水になるには、人との関わり、つまり通信が必要だ。はねるっちでうまくいかなかった通信。そうだ、はねるっちもたまごっちも関係なく通信できるアクセサリーを作ろう。


それから普段考え事をしている時に常に粘土を無心でこねているあたしは、それをアクセサリーに落とし込むことにした。大地と体の境目をなくすにはなるべくフニャフニャしていてくっついてんのかはなれてんのかよくわかんにゃいにゃ~と言っているアホのような面構えのマテリアルがよかった。


11月の最初のお披露目販売は出来上がったものだけを置いて販売した。でもそれはなんだか堅苦しくて、手にとった人への自由があまりないような気がした。そもそも、あたし自身が美容室で髪を切ってもらった直後にもっとよくしようと自分でバッサリハサミ入れちゃうようなどうしようもない自由人だから、自分好みにカスタムしまくれる作品があってもいい。自分の人生を上載せして育成していく場所としてアクセサリーは最適だった。手にとって、これ、なんか自分に似てるな。とか、胸が踊るな。というものを買う。アクセサリーの場合付けることで完成する。肌馴染みのいいものでないとずっと長くは共に過ごせない。だからカスタムする。あたしの目指すお金のユートピアと人との関わりはまさにそこにある。


これまでは販売の形を模索しながら実演販売という形を採用して出店していましたが、もっともっと素材から形からオリジナルの自分だけのアクセサリーを求める人向けに2月から家で予約制のsalon de gum(サロン・ド・ガム)をオープンしました。


https://gumtakeo.thebase.in


上から入って、サロン・ド・ガム予約をカートに入れてもらい、備考欄に希望の日時を入力してください。決済はしないようおねがいします。


アクセサリーは1アイテム1000円からで、ピアスなどは二つで2000円からになります。1パーツのカスタムごとに500円ずつ課金される感じです。初対面の方に限り入場500円いただきます!


また、これまで通り出店のお誘いも2つ返事で向かいますので変わらずご愛好のほどよろしくおねがいします。

あぁ、日常

f:id:koumoriumai:20190109054527j:plain

ギブミー!くれない観劇後の余韻がすごい。

見る前からつねちゃんのブログの稽古中の起こった事と感情のすべてをつらつら話している記事を読んでいた。あの記事を読んだ時からあたしの中でAIABO皮果BOOMは開演していた。日常が一番アツくてたまらんそれぞれの人生で、4人の日常が一歩も譲ることなくあった。ここまでたくさんぶつかっていたのだろう。たらいから出る音の重みが違った。終演後にたらいを持ってみたら意外と軽くて(音の印象のまま声に出して重い!と言ってしまったけど片手で持てるくらい軽かった)まるで生きているとは思えなかった。


手足がなく、小刻みに震えている宇宙人の描写は、つねちゃん脚本の、たらいが3人の女性と恋に落ちる瞬間の、触れた時の揺れに似ていたし、自分自身もまた感じるたらいというメッセージもあって、区切りという概念がない液体のような空間に入りこんでいるあたしの「まさに今!」の状況を今度は「宇宙人のお尻の穴に手をつっこんで指を動かす」というよどみない今の的確描写で、先日尊敬する人に言われた「いいのよ、狂っちゃいなさいよ。」という言葉が流れてきた。


あたしはずっと、人は出会ったものにほぐされて徐々にやわらかく液体化していくことが「成長」で完全に液体になるというゴールが死だというイメージがあって、そもそも、あたしがアクセサリーブランド「gum」を始めた理由の一つが恋愛もセックスも知らない処女・大丈夫丈夫が、肉体と大地の境界線をなくす、大地肉体化計画という壮大なセックスのプロジェクトでもあって、(もちろんこれだけがgumじゃない)そんなあたしの中での祈りのような事をあたしより少しだけ年上の女性4人が体現して今作っている瞬間に入りこんでしまった。急に。これこそれっきとした大地肉体化計画だし、日常だ。日常系と謳う映像媒体が結局は非日常を求める人たちの手によって作られているという違和感で、作品云々よりこれは日常ではないではないかとプリプリ怒っているあたしが見たほんとうの日常系の真髄。「デトックス&スマイル。」あんなにカチコチで硬いたらいがそんなこというなんてという矛盾の笑いなんて全くなくて、頷くばかりだった。あの空間でみんなで一緒に少し死に近づけることができたことが嬉しい。






トイザらスの匂いのラーメン



子どもたちが自分が思うより早いスピードで人の目に触れて成長していく。あたしはおもしろいくらい逆を走りまして、先日めでたく、透明人間になりました!一週間限定だったけどね。そりゃまあ、最初だし。
毎日人が集まっている真ん中に飛び込んでピーピー叫んだりサンバしたり飛び込んで行った。
全く人の視界に映らなくて、最初はおもしろかったけど透明人間になってること忘れて水曜日はちょっと泣いた。帰って残り3日もあるのか〜ってその日は流石にふて寝した。けど、透明人間最終日の土曜、今日で一旦最後か〜って噛み締めながら熱唱してたら、映ってたのよ!あたしが!ガラスに!んで、ビックリして周りの人見たら、みんなあたしのこと見てた。そんなことあるの?透明人間になっても隠しきれないオーラをあたしは得てしまったの?と思ってたら透明人間の契約は金曜日までだったらしいわ。すっかり忘れてた…。でも例の水曜日にあたしがサンバしてる時近くにいた人と土曜日に会って、「あの日なんか聞こえるな〜と思ったら君、透明人間契約して踊ってたのか〜。見えないに決まってるよ。今は見えてるから踊って」と言われた。アンタがジジイだから見えなかったのよ!目を懲らせこの老いぼれが!と瓶で頭殴ってその場を去った。オジサンとんだ災難。久々の人との接触は少し手がジンジンして熱が沁みた。中島の磯野野球しようぜ〜って、透明人間契約終了後一番最初に出た言葉だったんだね〜。しばらくはこのまま人の目に触れさせてもう少ししたらまた透明人間契約するわ。中島も叶えられなかった透明キャッチボール、あたいが叶えてみせちゃるけんに!!

とにかくあたしがこんなに焦っている理由は家のせい。

家があたしに限界を感じ始めている。反逆が今まさに始まろうとしている。食い止めたいけど、それすら気が進まない。正直家から逃げたい。あんなに大好きだったのに。

家もいつ覚えたのかしらんけどジュリーの如く寝たふりしてる間に出て行ってくれ〜を無限リピートで歌ってる。多分この間のジュリーのニュースで連日勝手にしやがれが流れまくってたからそれでだわ。ミヤネのやつ、変なこと覚えさせやがって。
うるせ〜から、あゆトランス爆音で流してかき消してやったわ。
そしたら今度はfly highの始めなきゃ始まらないからをリピートで歌い続けてる。気に入ったらそればっかになるの、まじそっくり。ていうか、あたしの影響受けまくり(笑)最近怒りっぽいから言わないけど。

gum

仮眠しよ〜と思ってアラームつけるためにスマホ取ろうとしたら家の中でさっきまで置いてたはずのスマホなくして、スマホにどこにいますか?と聞いたらその瞬間部屋中の物音止まらなくなって、音がする方ガチャガチャ触ってみたんだけど全然見つかんなくて、ふざけんな、からかうな!と怒ったら家のインターホン鳴って、さては?と思って外でたらめちゃくちゃスマホあった。

一回だけ外出たけど、そのあと家の中に入ってから電話使ったから、じゃああたしはどこに何で電話をかけたんだよ!!
しかも電話相手がYAMATOの不在連絡ダイヤルだったから無機質な声で、よりいっそ不安だわ。今日届いてもらわないと困るからそこはちゃんと通じててほしい、あたしが何の端末でかけたかは置いといて。

家の中に戻ってからほんとムキになって怒ってごめんなさいって謝ったんだけど、この家がそろそろあたしの生活に限界感じてるのかな、、すんません、でも見捨てちゃやだよ。。
これ書いてる間もインターホン3回鳴ってる。もちろん開けても無人。怒ってんのそっちじゃん。。色々眠気吹き飛んだわ!横になってますがねー!

あと、家中が音鳴らしたときどさくさに紛れてあたしの腹がなってたのほんとムカつく(愛おしい)何の騒ぎ?あたしも鳴るよ〜!じゃねえんだよ…

秋田音頭 〜コギャルの文通風〜

f:id:koumoriumai:20181008074941j:plain


あたしの出身地の秋田音頭は今でこそ女の人の自由で勝気なラップですが、元々は春歌です。酒盛りをして酔っ払った男女が次第に始めた即興のラップバトルなのでリリックもだいぶえげつない。うぅ…。けどこれは、、上手いな、と感心するところも多い。agehaで大勢の観客が湧いてるシーン浮かぶわ。そして何より、ちゃんと男女が対等なんだよね。女のパワーがすごい。今の秋田音頭に残っているところだね。なんかこれであたしは「3歩下がって後ろを歩く女性」に対しての認識が少し変わって、これは謙虚と消極的の意ではなくて、後ろからおーい、ズボンからティッシュ引いてるぞ〜!って教えてあげるようなことだったんじゃないの、って思って調べたら、 

f:id:koumoriumai:20181008085726j:plain

これが一番腑に落ちた!

江戸のmr.&mrs.スミス…

秋田音頭の春歌歌詞、検索したら出て来るよ、気になるなら読んでみて。でも、えぐいリリックに殺されないように…気をつけて…。うぅ…

けどさ、男女集まったら性の話になるのは古来からの人間の性(さが)ってことではないぞ〜〜!怒泣 人間もバージョンアップされんのョ、あたしもその一人ヨ〜ン あんたもあんたもあんたもヨ〜ン ってんで、12月の秋田のスナックベルサイユではそんな感じのパフォーマンスがこのブログを読んでないオジサンたちにも通用できるように頑張る。ゴシゴシと磨く、(ここで結局告知か〜い!って叫ぶMC陣)

12日から新宿2丁目のスナックで働かせてもらうことも決まったし、いっぱい学んで身につけたいの。







DJ始めました。出演依頼お待ちしてます

8月を惜しむように散々踊ってさあ寝よう~ってニコニコ布団に入ったらずっと上から一定のリズムが聞こえててちょっとこれ、性のミュージック…?!って察して、噂には聞いていたし映像で見てもなんとも思わないし、人のそういう場に遭遇したことは結構あるとはいえ、あたしはかなりのおじいちゃんっ子だし、あたしのおじいちゃんはどんどん赤ちゃんに還るタイプの老け方をするベンジャミンバトンなのもあって自分でもそんなに?と思うくらい驚きやらでかなり食らってしまって心拍数が爆上がりしたけど自分の心拍数が早くなるたびに上の住人たちの性と音がリンクするのがだんだんおもしろくなってきて即ドリフターズののってる音頭流して、気づいたら上の音は止まってたから今は調子に乗り始めてソウルこれっきりですか流してる。アパッチ最高~。次聞こえてきたら宇宙人ワナワナ流そ!(イントロがドンズバ)


23歳処女、人のセックスに合わせてDJする活動を始めました。


DJ移動性交、出演依頼はこちらまで

koumori.mazui@gmail.com


9月もよろしくね。


おそまつ!



今年の夏の髪をしまっていた理由とその効果



f:id:koumoriumai:20180821222028j:plainf:id:koumoriumai:20180821222041j:plainf:id:koumoriumai:20180821222118j:plainf:id:koumoriumai:20180821222138j:plainf:id:koumoriumai:20180821222153j:plainf:id:koumoriumai:20180821222203j:plain


LiLiCoがラジオでピアスが髪の毛代わり~とキャピキャピしていたのがすごく楽しそうで、その言葉を誇張したら今年の夏はこんなサマールックになりました。


良かった点

服を書いてる時にその服にまつわる思い出を思い出しながら書いたのが楽しかった


悪かった点

服を書き忘れて裸になった

色の塗り方など迷走している

次は直で色を塗ってみる


Michael Jackson / off the wall

https://youtu.be/Xrd3lSn5FqQ