わたしと小指と膣と

2016.08.20


小さい頃小指が大嫌いだったからよく小指を内側に折り曲げて視界に入らないようにしてたんですよ、小指だけを曲げようとすると薬指もちょっとついてくるじゃないですか、他の指は一本ずつ折り曲げれるのに、小指だけなんですよね、小指だけは一本で曲げることができない。そんな愚かな姿を見て、お姉さん指についてきてもらわないと1人でいつもと違うところにも行けないのか、そんな指はわたしには必要ないと思ってて小指いつか切り落とすって幼いながらに、いや幼いからこそなんですけど本気で思ってたし、かわいがっていたゴム製の人形の小指は大抵切り落としてあげてた

まあ自分で爪を切るようになってからは小指は小さいからといって爪切りで一気に行こうとすると痛いから甘く見ちゃいけないなとか、I love youの指サインとか、小指を立てなきゃゲッツだから、一発屋芸人のギャグに小指を足すことでアイラブユーなんてお前すげえな、とか、ネイルをするようになってからは一発でカーッて塗れるから楽、小指は女子の味方だなって思うことはあったけどまあ常に手のことを考えて生きているわけもなく小指とも大きくなるにつれ和解をした、といえば聞こえはいいけど成長とは悲しいもので実際は小指を"命"から"モノ"と捉えるようになっただけですからね

それから数十年、ほんとうにおとといまで小指を憎んでいたことすら忘れてパソコンのエンターを勢いよく打って生きていたんですけど、最近大人に怒りを覚える出来事があって、その激しい怒りと同時になんだこれデジャビュ、わたしはこの怒りを前にも経験したことがあると思って、でもそれがいつどこでだれに対しての怒りかが思い出せなかったんだけど、おとといふとわたしって昔小指が嫌いだったなって、上に記されている小指への怒りエピソードを思い出して、それでわかったことがありましてそいつはつまりわたしのあの時の怒りの対象は薬指だったんだなというこたぁです。小指はあの時確かに1人で曲がろうとしてた、それをさせなかった薬指に対しての怒りです、小指は焦りもあったと思う、はやくみんなみたいに1人で曲がれるように頑張ろうってそして21年たちますが、未だに薬指はついてくるし、小指も1人で曲がれてない、同じわたしの肉体である骨は四方八方にニョキニョキと伸び、おっぱいも多少なりとも生えて、今まで一切の侵入を許さなかった面積の皮膚も毛の侵入を許し、みんなよくも悪くも変わっているのに小指はなんにも成長できていない、幼いころのわたしは自分でも分かってなかったっぽいけど小指に自分を重ねすぎてて憎かったけど、1番大事な体の一部でもあったのか、切らなくて正解だったな、今後何かの拍子に取れてしまったらイヤだな、泣いちゃう、昔粗末にしてたぶん、責任持って守ります、手始めに信頼と実績のコーポ口腔103号室(読み方:×コーポロちつ ○コーポこうこう)への強制入居を決めたので、これで外部からの刺客にも安心ですよ小指、え?お前それやってること薬指と何も変わらないだって?そら違うでホンマかんにんしてや、わたしは小指に他の指は行ったことのない場所に行かすきっかけを作っただけじゃん、小指の上京…いや上口腔に手を貸しただけじゃん、夜行バスの運転手程度の活躍じゃん、まあそんなことはさておき一人暮らしを始める小指、君に一つ言っておきたいことがある。よく聞いてほしい、君は今、焦っているね。周りが成長していく中、21年間何も変わってないと思っているね、でももう少し視野を広げて下を見てみてほしい、そう、そこ。そこにあなたの家(口腔)にそっくりなところがあるでしょう?そこはね、膣と言ってね、そいつは君とは逆で外部からの侵入を経れば経るほど成長するタイプの奴で、まあ悪いやつではないんだけど、そいつだって全く21年間変わってないし、なんならお前以上になんにも考えてないから少しは力を抜いてもいいんだよ、じゃあ、わたしからはこれだけ。今日はゆっくりおやすみ、ギィー(コーポ口腔103号室のドアが閉まる音)

中学二年生バスケ部背番号9番

2015.01.20



中学校のバスケ部に臨時でコーチをすることになって、休憩中にませた女子部員達に「ゆいさんって、彼氏とかいるんですか〜?」って質問攻めにあって、困った顔で「いないよ〜てか、いたことないよ!恋愛においては君たちのほうが先輩だね笑」って言ったら「うそだ〜!ゆいさんバスケうまいしすごいキレイなのに!!!」って言われて「なんでだろうね〜。あ、ムダ毛の処理とかサボってるからかな笑」って腕毛見せたら「ゆいさんそれはダメだよ〜笑」ってひとしきり爆笑をかっさらったあと、「さて、無駄話はここまで!あと30秒でマンツーマンするよ!水分補給するならいまのうち!」ってわたしの周りに集っていた女子たちが「ゆいさん怒った〜笑」って言いながら走って水分補給に向かってわたしの周りに人がいなくなってわたしが若い子は元気だなぁ〜フゥ〜ってニコニコしてその背中を見ていたら、そばでシュート練習しながら女子部員とわたしの会話を聞いていたであろう中学2年生の知念侑李くんに「どうして自分のことをそんなに蔑むような言い方をするの?」って不思議そうな、けど悲しそうにも見える表情で言われたい。自信があるように見せかけてるけど本当は自分に全く自信がないことを純粋無垢な小さな男の子(背番号9番)に見抜かれたい

まあわたしが美人か否かという話はさておき、バスケ歴6年という経歴を持つにもかかわらずバスケットボールを持っていた時間より汗ダラダラのチームメイト達をうちわでパタパタと仰いで涼ませていた時間の方が長いわたしから教わることなんて何一つないわけなのだが


ちなみにわたしは中学二年生の知念侑李くんが好きすぎてノートに知念侑李知念侑李知念侑李知念侑李ってひたすらに書いたことがあるのですが侑の字がピッコロさんの腕にしか見えなくなって知念侑李くんのことを嫌いになったこともあります

f:id:koumoriumai:20161007035605p:plain





新年明けまして一年間お世話になったブラジャーを捨てて、しまむらで水着の上だけを買いました

2016.01.17



どうも、四日前に10月分のガス料金を払い終えたのにガスが止まったままでお湯が出ないけどガス会社に対して絶対に自分からはアクションを起こさない損な生き方をしているゆいちゃんです。

※11月、12月分は払ってます

前例のせいで家のお風呂がオジャンなわけですが、成人式で実家に帰った時に親族から銭湯に行くには十分すぎる資金をいただいたから全然困らない。

むしろ引きこもり気味なわたしを銭湯へ行くという理由で強制的にお外に出してくれてありがとうクズに対する世の中の悪意って感じ

実はわたしかなりの銭湯LOVER GIRL。そこまででもないけど。

そんなそこまで銭湯が好きじゃない私でも、東京に出てきてお気に入りの銭湯を見つけた。

古き良きのれんの周りに場違いなイルミネーションや観葉植物が施してある外見がほどよく気持ち悪く、店内はずっと演歌が流れてるんだけど店主があんまり好きじゃない曲だといきなりブチッと中断して別の曲に切り替わる清々しさ。

そして絶対に利用者の半分も知らないであろう演歌歌手の写真とサインがいくつも貼ってる、あからさまな質より量!感も渋谷区とは思えない田舎者的ミーハー思考が故郷の秋田を彷彿とさせてまた良い。

そんな頻繁には行けないが、気持ちと財布に余裕があるときは20分歩いてそこの銭湯に行っている

今日も家の風呂からお湯が出ることはなかった
だからそこの銭湯に行こうと思った

しかし考えてみるとわたしはこの家に住んでそろそろ2年たつが、全然家周辺を開拓できてない。

もしかしたらもっと綺麗で落ち着いた、若者向けの銭湯があるんじゃないか??

しかも今、わたしには金がある

あんなビショビショのババアが股間部を洗った水が背中を直撃するような汚いサプライズ連続物件に20分歩いて行く必要性とは…と思いさっそくオッケーSiriに「家の近くの銭湯」とつぶやいたところオシャレな銭湯が出るわ出るわ

しかしその時時刻はすでに夜中の12時を過ぎていたのでそのほとんどが営業終了していて、24時間営業の銭湯がひとつだけあったのでわたしは歩いて30分かけてそこの銭湯を目指した

いつもより10分多く歩くけど、ネットでの評価も高いし、90分2500円とかなり値は張るがそれだけいいところなんだろうとウズウズしながらいつもの銭湯へ向かう道の真逆を歩くこと30分

なんとその銭湯はビルの10階に用意されているらしかった

冒険物語の主人公のような気持ちでエレベーターを登り、受付の人に緊張しながら「あ…あの、90分コースでお願いしたいんですけど」と3000円を渡すとビックリした顔をされその後にとても小さな、しかしハッキリとした口調で「ここ、男性専用ですよ」と言われて恥ずかしさで笑うしかなかった。

笑ったら受付の人も笑った

受付の人が笑ったからわたしもさらに笑った

わたしがあまりにも笑うから受付の人は若干引いてた

結局タクシー使っていつもの銭湯に駆け込みました

誰かに言わないと感情が混ざりすぎて泣きそうになると思ってタクシーのおじさんに聞いてくださいよ、あのう〜と先ほどの事実を述べたらタクシーのおじさんはウンウンと聞いているだけだったけど目的地について料金をわたすとき、1000円でいいや、ジュースとか買いな。料金まけてくれた。でももとの金額が1040円だったからジュースは買えないしちょっと腑に落ちなかった。

入浴中、ズンドコ節でブツッと曲が切れて他の曲に入れ替わったけど何にも思わなかった

f:id:koumoriumai:20161007032130j:plain

2015.10.17

チョ〜ムカつくことと、チョ〜テンアゲなことから一気に蝕まれてわたしは電車の中でくんせいたまごを食べながら向かいに座ってる寝てるおじさんを一眼レフで盗撮するような女になってしまった

人生最後の夏休みの最初の日に書いた漫画

f:id:koumoriumai:20161007031916j:plain