読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マグルなわたしは…

2015.08.11



わたしのSNSを見てる母にもっとポジティブなことを呟けと言われた


その通りだと思う


でもわたしネガティブなこと呟いてないよ
チンチンとしか言ってないよ


チンチンがネガティブって処女かお前
処女でわたしと弟を産んだって
釈迦かお前

佐藤由依、若干ハタチにして自分が脇から産まれた疑惑浮上

こりゃたまらんわ


仕方がないから今日はポジティブに前向きに楽しい未来について語って母を喜ばせてあげよう


わたしがお医者さまになったらね、
心臓の音をたくさん聞きたい

心拍のリズムに合わせてノッて
「君のはRIP SLYMEっぽいね夏楽しんでる?」
って言ったり
患者の心臓の音を聞いて
「…うん、…それで?………ギャハハ、それはケッサクだ」
って言ったり時には
「んだとテメエ!」とか
「せーな!(これは幽遊白書の幽助の口癖で、うるせーな!を意味する)」
ってケンカしたい

すごい楽しいんだろうなぁ
ワクワクするなぁ


魔法使いになったらね、会話がしたい。
会話好きなのに会話下手だから


例えば

人「元気?」
マグい(※)私「(別に落ち込んでないけど全力でヒャッハー!って舌出しながら飛んだりできないしなぁ。あ、そろそろ答えなきゃマズイ時間だ)まぁそうですね」
人「そっか」

っていう気まずい会話があるでしょ


これの気まずい理由はまず、
考える時間がないということ


考える時間がなくて適当に返してしまって会話がストップなんて悲しすぎませんか


向こうが興味を示してくれてる、もしくはコミュニケーションをとろうとして当たり障りのない(どうでもいい)質問をしてくれるのに適当な返しになって会話終了で逃してきた出会いを数えたらきりがない

どうでもいい質問ほど答えに困るものはないのに瞬時に答えなければいけない。

だから魔法使いになったら
魔法でわたしが質問の答えを考える時間の相手の記憶を消して即答してるかのように思わせたい。


となると


人「元気?」
魔法使いわたし「(別に落ち込んでないけど全力でヒャッハー!って舌出しながら飛んだりできないしなぁ。でもヒャッハー!って舌出しながら飛んだりしてる人って元気通り越して病んでるよな。ってことはやっぱり元気か。そもそも元気の定義ってなんなんだろう。体温が関係してるのかな。今は36.5℃だから平熱だ。ってことは昨日よりは元気だな)昨日よりは元気ですね〜」
人「昨日なんかあったの?」
魔法使いわたし「昨日は体温が36.3℃だったので…」
人「そういうことなの?www」
みたいにまあまあ楽しい会話ができるようになる

この違い
魔法様様ですね


そうなんです
わたしの短所は真面目すぎるところです





※マグい・・・(ハリーポッター中で魔法使いじゃない人間のことをマグルということから、魔法使いじゃないという意味を示す)