読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月14日からテレビ東京で流れる海のCMソングを手がけました


タイトルの通りです。

今回は海のCMという壮大なテーマにちなんで、メインボーカルをあの「夜行番地4丁目」で知られるつばき寿さん(つばきことぶき)(54)にダメもとでオファーしたところ、まさかの交渉成立!!

スタッフ一同背筋を5ミリ、いや5メートル伸ばして作成に挑みました。


つばき寿を知らない人はまずいないと思いますが、一応形式的な説明をしますと、彼はタイガーズに憧れこの業界に入り上記でも述べた歌謡曲「夜行番地4丁目」という名曲を生み出しわずか芸歴7ヶ月という驚異の速さで紅白デビューするもその後はヒットというヒット曲には恵まれず、事務所とのいざこざで一時芸能界から姿を消す。しかしその好奇心旺盛な性格でいろいろなことに手をつけはじめ現在は日本最高年齢現役お相撲さんとしてメディアにたまにとりあげられてる偉大な方だ。まあ既存する歌手で例えるなら加山雄三若大将のゆうゆう散歩のオファーがこなかったら今こうなってたんだろうなバージョンで想像してくれたら無難かなとは思う。決して加山雄三を悪く言ってるわけではない。ほんとに。語呂がいい人のことは嫌わないタチなので。 


それでは前置きが長くなりましたがCMソングを発表します


最近行ってる?(行ってないね〜)最近見た?(見てもないね〜)

う〜み〜

ここぞとばかりに泳いでみたけどはたしてこれらは本当にうみ?

(つばきさん、こわいこと言わないでよ〜)

ズッチャッ






東京は信じれないから大量の水を見てもダムなのか海なのか池なのか湖なのか浴槽なのか分からない。砂浜ありきでやっと海だと認めてやってもいい。砂浜が併設してない大量の水を見て海だと喜ぶんじゃない!


東京を信じるな!


おとといファイヤーマンジャケットを着て自転車漕いでるわたしを見てパパ!消防士がいるよー!!って無邪気な顔で言ったお子さん!お前じゃお前に言ってるんじゃ


東京を信じるな!


わたしは片手運転ができない。

自転車で走っているときふいにおもしろいことがあっても笑ってる顔を手で覆い隠すこともできない。

ただただ笑いながら下り坂を走っている消防士に子どもは何を思ったのか。 

 


はーあ、おもしろいテレビがやっているじゃあないのと録画したらその後3分足らずでエンディングロールが流れる不条理な世の中〜


あ、↑これは「夜行番地4丁目」のAメロです。